愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター > 新着情報 > 6/7 愛媛県議会常任委員会視察調査で内村センター長が講演しました!

6/7 愛媛県議会常任委員会視察調査で内村センター長が講演しました!

2018-06-22

 平成30年6月7日(木)、愛媛県議会 環境保健福祉・経済企業委員会の議員14名が愛媛大学紙産業イノベーションセンター及び愛媛県紙産業技術センターを視察され、セルロースナノファイバー(CNF)の研究開発状況について意見交換されました。

 

 

 視察では、内村浩美センター長より「愛媛大学のCNFの取組みについて」と題して、CNFの特性やガスバリア紙(CNFシート)の開発等について、サンプルをご覧いただきながら説明を行いました。その後、実験室の見学を行い、CNF製造装置を使って実際にCNFが出来る行程をわかりやすく説明しました。
 途中、議員の方から、①世界におけるCNFの研究開発状況や、②日本のCNF活動拠点等について、多数のご質問をいただき、内村センター長から、①海外からも日本のCNF研究開発状況が注目されていることや、②日本の三大拠点の一つに四国地域が選ばれていること等を報告しました。
 視察終了後は、大西誠経済企業委員長をはじめとする県議会議員の皆様から、「世界中で注目されるCNFが愛媛県で開発されていることを知り、本当に勉強になった。これからも最先端の技術を活かして、製紙業界の発展、ひいては愛媛の経済発展に力を貸して欲しい」とのお言葉をいただき、盛況のうちに終了しました。

 

愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター

Copyright© 2014 愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター All Rights Reserved.