愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター > 新着情報 > 9/12 日本木材学会中国・四国支部 第28回研究発表会で内村センター長が講演しました!

9/12 日本木材学会中国・四国支部 第28回研究発表会で内村センター長が講演しました!

2016-09-29

 日本木材学会中国・四国支部の公開講演会にて、内村センター長が講演を行いました。この講演会のテーマは、「四国のセルロースナノファイバー利用の取組」で、内村センター長はセルロースナノファイバー(CNF)の開発事例を交えながら、四国のCNF利用の取組について紹介しました。

 

【日時】

2016年9月12日(月) 14:30~17:00 愛媛大学城北キャンパス グリーンホール

 

【テーマ】

「四国のセルロースナノファイバー利用の取組」

 

【プログラム】

14:30~15:30 「セルロースナノファイバーの特性と用途展開に向けた取り組み」

          愛媛大学 紙産業イノベーションセンター センター長 内村 浩美

15:30~16:30 「セルロースナノファイバーの特徴と利用方法の検討」

          丸住製紙株式会社 日浅 祥

16:30~17:00  質疑応答

 

160912a

 

 内村センター長は、講演中にCNFやCNF成形体のサンプルを回覧しながら説明を行いました。サンプルを実際に触られた聴講者は、CNFの感触や成形体の硬さを実感された様子でした。
 また、四国CNF利用の取組として、四国の特徴を生かしたCNF関連産業を創出するため、平成28年5月に設立した「四国CNFプラットフォーム」を紹介し、関係機関との連携によるCNF事業化に向けた支援体制について説明を行いました。
 質疑応答では、CNFの実用化に関する質問も挙がり、CNFへの関心の高さを改めて実感した講演会でした。

 

愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター

Copyright© 2014 愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター All Rights Reserved.