愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター > 新着情報 > 8/6 紙産業コース学部生が「女性議員」として

8/6 紙産業コース学部生が「女性議員」として

2019-10-01

 令和元年8月6日(火)、四国中央市議会において「女性議会」が初めて開催され、紙産業コースの学生が参加しました。
 「女性議員」に選ばれたのは、市内各団体の代表、公募により選出された22人(市議会定数と同数)。愛媛大学からは、社会共創学部3回生丸山楓己さんと、同4回生石川美伊さんの2人が代表として選出されました。

 2人は、議会開会当日まで、現役の市議会議員指導のもとに何度も打合せを重ねて、実際の市議会どおりの流れに沿って、質問要旨を練り、本番の質問通告書、質問原稿の作成にあたりました。

 当日は、石川さんが議長として選出され議事運営を務めました。丸山さんはキャンパスに通う学生の代表として、街灯整備の現状と、防犯、交通事故対策などについて質問しました。「夜間、大きな通りから離れると道路が暗く、携帯の明かりを頼りに移動することもあり、不安を感じている。」ことを述べると、今村建設部長より「市として、何らかの対策を講じることが求められている。関係部局や機関と情報共有し対処したい。」と回答をいただきました。

 議会閉会後、2人は、普段、味わうことのできない貴重な体験をすることができ、この経験を今後の学生生活に生かしていきたいと笑顔で語っていました。

 

愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター

Copyright© 2014 愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター All Rights Reserved.