愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター > センター長挨拶

センター長挨拶

about

この度、愛媛大学紙産業イノベーションセンター長を拝命しました内村浩美です。紙産業界の改革が求められているこの時期に、大役を仰せつかり身の締まる思いでございます。

 

紙産業イノベーションセンターは、紙産業に関する学際的な研究及び教育を行うことにより、紙産業の発展につながる研究開発を推進するとともに、地域社会の活性化と発展に貢献することを目的として、平成26年4月 四国中央市に開設されました。

 

現在、紙産業界では、電子媒体の急速な普及や経済の急激なグローバル化に伴い、新規需要の開拓と海外製品との差別化が求められています。一方、近年の紙製品の拡がりは著しいものがあります。例えば、電気・電子分野、自動車分野、医療・介護分野、食品分野等において、機能性シート状素材としての用途が拡がっており、機能性材料等を活用した新たな紙製品の開発が望まれています。このような研究開発を推進するために、本センターには3 研究部門と1研究支援室を設置しました。研究部門として、製紙・紙加工に関する課題解決と製紙技術の高度化に向けた研究を行う「製紙技術研究部門」、機能性材料等を紙に付与することにより、新規紙製品を開発する「紙製品研究部門」、各種原材料の新たな機能を探求する「機能性材料研究部門」の3 部門を、また、新技術の実用化を推進するために、企業との調整や特許案件の整理等を行う「地域連携・研究支援室」を設置して、産業界への速やかな研究成果の還元を目指します。

 

本センターは、愛媛県の協力を得て、愛媛県産業技術研究所 紙産業技術センター内に設置されています。紙産業技術センターには、紙質特性評価装置をはじめ、精密分析用機器から大型パイロットマシンまで様々な装置が備えられており、紙に関する研究を行うには最高の環境が整えられています。本センターが活動するスペースを含め、すばらしい研究環境を愛媛県から無償で提供いただいており、大変感謝しております。

 

今後も愛媛県、四国中央市、地域紙産業界の皆様との連携を密にしながら、開発技術の迅速かつ円滑な技術移転と実用化を目指し、紙産業界のさらなる発展のために微力ですが努力していきたいと考えています。皆様のご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター

Copyright© 2014 愛媛大学社会連携推進機構紙産業イノベーションセンター All Rights Reserved.